卒乳について

ブレイクスルー 株式会社
lv

卒乳について

2013/11/07 卒乳について

 

卒乳について_1卒乳について_2卒乳について_3

ご応募ありがとうございます。
またまた、たくさんのアンサーをいただきました~~
では、口コミを見てみましょう!

卒乳について_4卒乳について_5

1歳から2歳までが多い結果に。でも家庭環境、ママの体調によってさまざまです。

卒乳について_bar卒乳について_6卒乳について_7

皆さん、何かしらの努力をされている方が多いですね。さすがに辛子を使っている人はいませんでした。

卒乳について_bar卒乳について_8

●遊びが楽しくなる1歳すぎからなるべく公園に連れ出して、おっぱいは夜だけにしていきました。、2歳の誕生日でおっぱいをやめることに決め、誕生日の1ヶ月ぐらいまえから「ハッピバースデーしたら、もうお兄ちゃん。おっぱいはバイバイだよ~」と、夜おっぱいを飲むときに毎日話しました。誕生日当日は盛大にお祝い。夜、少し泣いちゃったけど、次の日からはさらっと寝てくれるようになりました。

●24時間欲しがる時、寝てる間も寝かしつけもオッパイをあげていました。ピタッとやめる事にして、欲しがる時はママオッパイ痛いと言って泣いても可哀想でも私も我慢しました。お風呂の時はあえて隠さずに、ごめんね。ママオッパイ痛い。と言い聞かせ、いじけても我慢しました。今1ヵ月位ですがだいぶ落ち着いてご飯も沢山食べるようになりました。

●泣いても喚いても、抱っこやお出かけなどに行き、ごまかして3日ほど過ごしました。3日を過ぎたあたりから、一切欲しがらなくなりました。卒乳の時期は、パパの連休中にしました。夜、泣き叫ばれましたが二人で乗り切りました。

●とにかくおっぱい!おっぱい!で、幼稚園に入るまではなれられませんでした。でも、周りの友達の様子から、恥ずかしいと思ったのか、自分からきっぱり止めました。

●おっぱいに絆創膏を貼って、「おっぱいはもう出ないのよ」と繰り返し聞かせました。私自身も、「おっぱいでは絶対寝かせない」と強く決意して、おっ ぱいの存在を忘れるようにしました。始めのうちは大泣きされてつらかったし、おっぱいも張って痛かったのですが、音楽に合わせてゆらゆらしながら、子ども が眠るまで抱き続けました。

●2人目を妊娠したので断乳を選びました。悩んでいた時に友人に言われた、止めてしまえば、本当に楽だよ! あげたくない時に吸われる窮屈感はなくなるよ!っていう言葉を、止めた後に痛感しました。ちなみに、2人目の子どもの時は、どうしても上の子と同じ時期で 止めたいという私の思いがあり、ほぼ同時期に断乳しました。でも上の子の時よりあっさり止められ、断乳のつもりですが卒乳の時期とも重なったかなという印象でした。

●2歳の誕生日に、「今日でおっぱいとさよならしようね!」と盛大にお祝いしました。何日か泣きつかれて寝る日がありましたが、なんとか卒業することが出来ました!

●いきなり卒乳の日を決めるのではなく、徐々に母乳を与える回数を減らしていく方法をとりました。実際には9ヵ月頃から離乳食後の授乳の回数を 減らしていき、同時にストローの練習とミルクを与えることをしていきました。

●まずはじめに、お昼寝の時はお乳をあげないようにしてみました。外に出て思いっきり遊んで、お乳を忘れさせるようにつとめました。そうしたら、遊び疲れて いるせいか、抱っこするとすんなり寝ていきました。どうしてもダメな時は、おんぶしてそのまま寝かせました。残るは夜。私が風邪でどうしても薬を飲まなけ ればならない時があり、その日も疲れるまで遊んで、お風呂も主人にいれてもらい、その後も主人にかまってもらって、最後は泣きながらですが寝ていきまし た。それが2日続きましたが、それからお乳がなくても眠れるようになりました。

●おっぱいを欲しがって泣くので、何とか気をそらせようと思い、娘の大好きなビデオを寝つくまで見せていました。1週間くらいですっかりおっぱいのことは忘れてしまったようです。ただ寝る前にビデオを見る習慣がついてしまったのですが、それも1ヵ月くらいでおさまりました。

●自分が薬を飲まなきゃいけなくなり、急遽卒乳になった。最初の3日くらいはお菓子でごまかし、夜寝る時だけ母乳をあげた。その後はお菓子やご飯でごまかしつつ、夜はパパが車に乗せるなどして寝かしつけ。泣きわめいても心を鬼にして対応した。

●卒乳する時期を決めて、とにかくおっぱいから気をそらすように、だっこしたり、絵本を読み聞かせして寝かせることを一週間続けました。
 

■ページのトップへ

「子育てのアイデア」を教えてください_9

TOP