母乳育児で分泌される ホルモンで良いことづくし

ブレイクスルー 株式会社
lv

母乳育児で分泌される ホルモンで良いことづくし

2017/11/10 母乳育児で分泌される ホルモンで良いことづくし

bonyu41

母乳の分泌は、各種のホルモンの働きによって生産されます。その中でも特に、2種類のホルモンの働きが、大きく関わっています。
ひとつは「プロラクチン」。赤ちゃんが乳頭に吸いついたときの刺激で分泌され、乳房の中の毛細血管に血液が流れ出し、乳腺細胞が母乳を作り出して腺房内の風船の様な所に貯めはじめます。
この時、同時に分泌されるホルモンが「オキシトシン」です。
「オキシトシン」は、乳腺をとり巻く筋上皮細胞の収縮を助け、母乳を押し出す働きをするので、母乳育児には欠かせません。
「オキシトシン」は、別名『愛情ホルモン』や『しあわせホルモン』と呼ばれ、生まれたばかりの赤ちゃんのことがいとおしく思え、自然と深い愛情がわいてくるのを感じさせてくれます。
他にも赤ちゃんのお世話をしているときや赤ちゃんの泣き声を聞いたときなどにも分泌されるホルモンです。
さらに「オキシトシン」は、産後に子宮を収縮させるので、子宮を早くもとに戻す助けにもなります。余計な出血を減らす作用もあるのでママの体調のサポートもしてくれるというわけです。
「プロラクチン」と「オキシトシン」は、赤ちゃんに乳頭を吸ってもらうことで十分に分泌されるので、「母乳が出にくいなあ」と悩んでいる人も、できるだけ赤ちゃんに乳頭を吸わせてみてください。「オキシトシン」が分泌されると母乳は乳腺の乳管を通り、乳頭から分泌されます。
愛情ホルモンの「オキシトシン」は、ママだけの効果ではありません。ママとぴったりとくっつくことで、赤ちゃんの脳からも分泌されます。もちろんミルクで育てているママでも、授乳しながら目を見つめ合って話しかけてあげたりする事で、オキシトシンは分泌され、ママのことを心から信頼するようになります。
同じように、パパの中にもオキシトシンの素敵な効果が起きます! 赤ちゃんを抱っこしたり、スキンシップをすることで、パパと赤ちゃんに心のコミュニケーションが生まれます。
オキシトシンは、パパとママとのスキンシップでも効果があります。密着が多ければ多いほど夫婦間の愛情はより深まります。肩こりや腰痛、足のむくみで疲れているママに、優しくなでるようにマッサージをすることでストレスも和らぎ、良好な関係を保つこともできるんです。ぜひ、試してくださいね。

 

201611814359.jpg

桶谷式母乳育児相談室(桶谷式乳房管理法研鑽会)

「おっぱいがでない」「おっぱいが痛い」「赤ちゃんがおっぱいを飲んでくれない」「ちゃんとおっぱいが出ているか不安」という悩みを抱えたママたちに、乳房の基底部(乳腺体の後面)の伸展性をよくしておっぱいをスムースに出す、独自の「痛くないマッサージ」を行う桶谷式母乳育児相談室。

乳房マッサージや授乳指導援助、搾乳指導援助なども行っています。

 

桶谷母乳育児相談室は、母乳育児を応援しています!

母乳マッサージやおっぱいトラブルに関する悩みなど、 まずは小さなことでも相談してみてください。

桶谷式乳房管理法研鑽会ホームページ_ボタン

 

全国の育児相談室リスト_ボタン

 

 

関連記事

妊娠・授乳中のカフェイン

痛くなくてこんなによく出る評判の桶谷式乳房マッサージ

マタニティから始めるおっぱいケア

母乳のことあれこれ

母乳とミルク

母乳で育った赤ちゃんはゆたかな心を持ち賢い子に育ちます

赤ちゃんが喜んで飲む『おいしいおっぱい』は甘くてサラサラ

ママたちのおっぱいの悩みにお答えします

おっぱいが出にくい、足りないと思っているママたちへ

「初乳」と「成乳」と赤ちゃんの元気

母乳派?ミルク派?

卒乳について

おっぱいの悩み Q&A

「離乳食をあまり食べない」Hacchi先生の子育てお悩み相談室 Q13

母乳育児に不安を抱えているママへ

ママたちの”母乳育児”ストーリー

初乳と成乳

おっぱいの悩み Q&A 2

「卒乳」と「断乳」

妊娠した日から母乳の準備は始まっています

自信をもって、母乳育児はじめませんか

正しいおっぱいの飲ませ方をお教えします。

ウソ&ホント!? 妊娠・出産・育児にまつわる、ちょっと気になるうわさ話。(1/3)

ウソ&ホント!? 妊娠・出産・育児にまつわる、ちょっと気になるうわさ話。(2/3)

ウソ&ホント!? 妊娠・出産・育児にまつわる、ちょっと気になるうわさ話。(3/3)

「見せかけのおっぱい不足」症候群になっていませんか

TOP